左右両側大腿骨頭壊死症で障害厚生年金3級認定

相談に来られた状況

右足の付け根が激しく痛む症状が現れ、病院を受診。右大腿骨骨頭壊死により人工骨頭挿入手術を施行。

リハビリ等を継続的に行ってきたが、今度は左側にも痛みが発生。結局、左側大腿骨骨頭挿入手術も行った。両側のため、リハビリを行っても日常生活に支障が出ることが多くなり、相談にいたる。

 

杉山社労士の見解

人工骨頭の挿入については障害年金3級に認定されるという障害認定基準があることから請求可能と判断しました。

 

受任してから申請までにやったこと

ヒアリング

具体的な症状の経過や日常生活で苦労されていることを中心にじっくりとヒアリングしました。

診断書作成

医師に記載していただく際に注意していただきたい点をご本人に話し、医師に伝えていただきました。

障害年金は書類審査のため、記載内容が重要です。実際の症状より軽く書かれないようアドバイスをしました。
その点を踏まえ、医師の方がイメージできるよう専門家の視点を加えて、日常生活の状況説明書を作成しました。

申立書の作成

業務に復帰はできているものの、業務終了後や日常生活上での影響があるため、その点をじっくりとヒアリングをして申立書に落としました。

 

結果

申請4か月後に障害厚生年金3級に認定されました。ご本人も喜んでおられました。

人工関節の最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
PAGE TOP
受給判定
問い合わせ
アクセス