母親から息子さんのうつ病についての相談を受け、障害基礎年金3級が認定されたケース

相談にこられたときの状況

HP、静岡新聞をお母様がご覧になってお問い合わせをいただきました。
息子さんが以前から仕事での人間関係やいやがらせが原因で体調不良に陥り、仕事も退職せざるを得なくなり、自宅にこもりっきりの状態と仕事復帰ができないため経済的な問題を心配されてご相談のご連絡をいただきました。

杉山社労士による見解

息子さんとお母様お二人で事務所にお越しいただき、症状の経緯を伺いました。今現在は、ほとんど外出することができず、自宅にこもりっきりであることや身の回りのことについて家族の助けがないとできないことが多いことから、申請は可能と判断しました。

受任してから申請までにやったこと

ヒアリング

ご本人とお母様に病状の経過等について詳細を確認作業しました。
前の職場での難しい人間関係などについて、あまりご本人が思い出したくない内容でしたが、ご協力のもと聞き取らせていただきました。

診断書の作成

現在通院されている病院の先生の診断書が当初こちらの求める内容になっていなかったため、数回にわたり病院と交渉し、診断書に手を入れていただくお願いをし、少し時間がかかってしまいました。

申立書の作成

ご本人とお母様とのヒアリングの内容をもとに現在の日常生活に影響が出ている点をよく確認させていただき、申立書に反映させていきました。
申立書の内容については、ご本人にも何回か内容のチェックをしていただき、納得の上、提出させていただくようにしました。

結果

障害基礎年金3級が認定され78万円の受給が決定しました。

 

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
PAGE TOP
受給判定
問い合わせ
アクセス