出血性脳梗塞により障害厚生年金2級が2年遡りで認定されたケース

相談に来られた状況

47歳の男性の方です。
当センターのホームページをご覧になって、お問い合わせをいただきました。

約3年半近く前に、職場で意識を失って倒れ、救急にて総合病院に搬送されました。出血性脳梗塞であることが判明し、開頭手術を実施。

マヒ改善のため、リハビリを継続しました。しかしながら、マヒが目立って改善することはなく、仕事に復帰されましたが、業務内容が相当限られるなど不自由が多く、障害年金がもらえないかのご相談を受けました。

杉山社労士の見解

症状の経過をつぶさにお伺いしましたが、リハビリは現状維持に過ぎず、
症状が軽快する様子がないこと、外見上でもマヒのあることがわかること、
日常生活をするうえで、家族等による介助が必要であることなどから、
申請は可能であると判断しました。

受任してから申請までにやったこと

ヒアリング

数回にわたり事務所に来所していただき、ヒアリングを実施しました。

特にリハビリ以降の症状の経過や日常生活の状況等を中心に
つぶさにヒアリングを実施しました。

診断書の作成

現在もリハビリに継続的に通院しており、その病院の信頼できる医師に作成をお願いしました。

ご自分の状態を良く知っておられる医師にお願いすることはとても重要です。

申立書の作成

ご本人からのヒアリングの内容を整理し、できる限り症状がイメージできるように作成を心がけました。

結果

約2か月の審査の結果障害厚生年金2級で、平成26年から約2年分遡って認定され、約550万円を受け取られました。

脳疾患の最新記事

脳疾患・脳梗塞の最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
PAGE TOP
受給判定
問い合わせ
アクセス