うつ病で障害厚生年金2級が認定されたケース

相談にこられたときの状況

当センターのホームページをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。

仕事を退職されて自宅で療養しているが、症状に変化がなく、生活もあるので障害年金がもらえないだろうかというご相談でした。

杉山社労士の見解

お会いした感じでも体調が良い感じではなく、性格も極めてまじめそうな方でした。

症状をお聞きすると今はほとんど自閉的な生活を送っておられ、家族のサポートを受けながら生活しているとのことでありましたので、申請は可能であると判断しました。

受任してから申請までにやったこと

ヒアリング

症状の経過については、ご本人が体調不良を押して書面を作成して持参してくださいましたので、スムーズに症状を確認することができました。

診断書の作成

認定日現在の病院が既に廃院してしまっているため、カルテを確認することも困難であり、残念ながら事後重症請求に切り替えざるを得ませんでした。

今現在の診断書はスムーズに作成してもらうことができました。

申立書の作成

ご本人と2回ヒアリングを実施したうえで申立書を作成しましたが、ご本人が症状の経過をまとめてくださいましたので、ヒアリング時間も短時間で効率的に実施することができました。

結果

請求書を提出して2か月で障害厚生年金2級が認定になり、約169万円受け取ることが出来ました。

 

うつ病の最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
PAGE TOP
受給判定
問い合わせ
アクセス