20歳前の双極性感情障害により、事後重症で障害基礎年金2級に認定されたケース

相談に来られた状況

当センターのホームページをご覧になり、ご本人のお母様から、ご相談をお受けしました。

小学校の頃から人づきあいが難しくなりはじめ、中学3年くらいから気分の波が出てくるようになりました。高校進学後、意欲低下などが顕著になり病院への通院を始めました。お母様がとても心配されて、障害年金が申請できないかとご相談に見えました。

杉山社労士の見解

お母様に2回にわたり、ご本人の状態についてヒアリングをさせていただいた結果、日常生活もご家族の助けが必要な状態であり、最低限のコミュニケーションしかできていないことから、申請は可能と判断いたしました。

受任してから申請までにやったこと

ヒアリング

お母様からヒアリングをさせていただきました。幼少の頃のことから時間の経過を追いながら、それぞれの時期にどんな症状があったかということを確認させていただきました。

診断書の作成

20歳前障害でしたので、20歳の前後3カ月間の診断書を作成していただくようにお願いしました。

申立書の作成

抑うつ気分、気力低下、興味関心の低下などが顕著に見受けられ、日常は、ご家族の助けが相当必要な状態でしたので、そのあたりを意識した申立書を作成させていただきました。

結果

請求書を提出して5か月で障害基礎年金2級が認定になり、約79万円を受け取ることが出来るようになりました。

双極性感情障害の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
PAGE TOP
受給判定
問い合わせ
アクセス