脳出血で障害基礎年金2級が5年遡及で認定されたケース

相談に来られた状況

当センターのホームページをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。脳出血をおこされ左片麻痺があるということで、障害年金をもらえるかどうかというご連絡をいただき、お目にかかりました。

杉山社労士の見解

ご主人とご一緒に当センターにお越しいただき、お話を伺いました。

症状をお聞きすると、左の片麻痺が強く出ていて、ご主人の介助も必要になっているとのことでしたので、申請は可能と判断いたしました。

受任してから申請までにやったこと

ヒアリング

特に日常生活でご苦労されている点について、つぶさにお聞きしました。上肢の可動域も時間の経過とともに動かなくなってしまっている様子もありました。認定日の請求もできる可能性があったため、そのころの状況も詳細に聞き取らせていただきました。

診断書の作成

診断書の作成については、今もリハビリに通っている病院で作成していただきましたが、病院側も協力的でしたので、スムーズに作成をしていただくことができました。

申立書の作成

ご本人、ご主人と2回ヒアリングを実施したうえで申立書を作成しましたが、ヒアリング時間も短時間で効率的に実施することができました。

結果

請求書を提出して3か月で障害厚生年金2級が認定になり、遡及も認められ、約430万円受け取ることが出来ました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
PAGE TOP
受給判定
問い合わせ
アクセス