解決事例

僧帽弁閉鎖不全症、感染性心内膜炎により障害厚生年金3級が認定されたケース

相談にこられたときの状況当事務所のホームページをご覧になられた方からお問い合わせをいただきました。杉山社労士の見解静岡県東部のお客様でしたが、沼津で待ち合わせをさせていただきお話をお伺いしました。仕事中に高熱がでましたが、風邪薬を飲んでも熱が引かないために病院にかかってこの病気であることがわかりました。初診の翌月には人工弁の手術をされていましたので、申請は可能と判断いたしました。受任してから申請ま
続きを読む >>

うつ病で一度申請をしたが不支給になった方の申請を再度行い障害基礎年金2級が認定されケース

相談にこられたときの状況当センターのホームページをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。一度ご自分で申請をしてみたが不支給になってしまったどうしたらよいだろうとのご相談でした。杉山社労士の見解診断書のコピーをご本人がお持ちでしたので内容を拝見しましたが、基礎2級が通るには少し厳しい印象でした。不服申し立てをしても難しい旨をお話しし、少し時間をおいてから再度申請をしてみたらどうかとアドバイスし
続きを読む >>

結節性多発動脈炎により障害厚生年金3級が認定されたケース

相談にこられたときの状況ご本人が当事務所のホームページをご覧いただき、申請が可能かのお問い合わせをいただきました。杉山社労士の見解お本人様とお目にかかって症状の経過をお聞きいたしました。平成10年頃から下腹部痛や下肢痛に悩まされ、その後の経過観察において両腎梗塞、動脈瘤が認められ、結節性多発動脈炎と診断されました。プレドニン治療をしていましたが次第に増量になり、下血や腹痛、倦怠感も強く、仕事に就く
続きを読む >>

脊髄小脳変性症で障害厚生年金3級が決定したケース

相談に来られた状況平成21年頃に仕事をしていて体に違和感を感じ、特にふらつきを感じることが多くなっていました。しばらくすると、壁にぶつかったり、段差でつまづくことが多くなり病院を受診しました。総合病院で遺伝子診断を勧められ、受診した結果脊髄小脳変性症の疑いがあることがわかりました。その後ふらつきと手が震えるなどの症状が現れました。仕事にも支障があるため、軽度の業務に転向してもらいましたが、業務中の
続きを読む >>

脳幹梗塞により障害厚生年金1級が認定されたケース

相談に来られた状況地元の地区に配布した障害年金のチラシと当事務所のホームページをご覧になられた家族の方からお問い合わせをいただきました。障害年金の制度があることも知らず、ご主人の病気でもらえるかもわからず問い合わせせたとおっしゃっていました。杉山社労士の見解詳細をお聞きしたい旨をお話しすると奥様が事務所にお越しくださいました。現在寝たきり状態であるというお話から、申請は可能であると判断し、ご了解を
続きを読む >>

両側突発性難聴で障害厚生年金2級が認定されたケース

相談に来られた状況 当センターのホームページをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。仕事には復帰されていらっしゃるとはいうものの接客業の為、いろいろご不自由なことも多々あり、障害年金を申請できないだろうかというご相談でした。 杉山社労士の見解聴覚の障害の為、できる限りお目にかかってお話をお聞きした方がよいかと思い、3回ほどご足労をかけて事務所においでいただきました。その日の体調によ
続きを読む >>

腰痛の検査から心不全がわかり、人工弁置換術施行で障害厚生年金3級が 認定されたケース

相談に来られた状況ご本人様が当事務所のホームページをご覧いただき、申請が可能かのお問い合わせをいただきました。杉山社労士の見解ご本人様とお目にかかって、症状の経過をお聞きいたしました。最近仕事に復帰はされたものの、今までのような体力を使う業務に就くことは難しく、軽度の作業をされているとのことでした。人工の弁への置換ということでありましたので、申請は可能と判断いたしました。受任してから申請までにやっ
続きを読む >>

両耳感音性難聴で障害厚生年金3級が認定されたケース

相談に来られた状況平成15年頃から耳の聞こえが悪くなったことをきっかけに病院に通院していたようですが、次第に調子が変わってくる感じだったため、障害年金がうけとれないか、当センターのホームページを探し当ててくださり、お問い合わせいただきました。杉山社労士の見解病院で最近聴力検査を行った検査数値がないかとお尋ねしたところ、病院に確認をしていただき、数値的にはぎりぎりかもしれないと思いましたが、ご本人が
続きを読む >>

脳出血で障害基礎年金2級が5年遡及で認定されたケース

相談に来られた状況当センターのホームページをご覧いただき、お問い合わせをいただきました。脳出血をおこされ左片麻痺があるということで、障害年金をもらえるかどうかというご連絡をいただき、お目にかかりました。杉山社労士の見解ご主人とご一緒に当センターにお越しいただき、お話を伺いました。症状をお聞きすると、左の片麻痺が強く出ていて、ご主人の介助も必要になっているとのことでしたので、申請は可能と判断いたしま
続きを読む >>

20歳前の双極性感情障害により、事後重症で障害基礎年金2級に認定されたケース

相談に来られた状況当センターのホームページをご覧になり、ご本人のお母様から、ご相談をお受けしました。小学校の頃から人づきあいが難しくなりはじめ、中学3年くらいから気分の波が出てくるようになりました。高校進学後、意欲低下などが顕著になり病院への通院を始めました。お母様がとても心配されて、障害年金が申請できないかとご相談に見えました。杉山社労士の見解お母様に2回にわたり、ご本人の状態についてヒアリング
続きを読む >>

<< 前の記事を見る
障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

障害年金無料相談会受付中 無料相談会予約無料メール相談
PAGE TOP
受給判定
問い合わせ
アクセス