障害年金の基礎知識

こんなお悩みありませんか?

病気になって働けないけど、お金がないから生活していけない・・・」

障害がある人がもらえるお金があるって聞いたけど、詳しくはわからない・・・」

自分で申請したら不支給になってしまった・・・病気なのにどうして受け取れないの?」

というお声をたくさん聞きます。

 

日本には障害年金という制度があります。

これまで障害年金の申請のお手伝いをしてきましたが、障害年金という制度が知られていないばかりに、本来受け取れる方が受け取れていないということを痛感しました。

障害年金の対象は障害を持っている方だけではありません。ガン、脳梗塞、透析、そしてうつ病なども該当します。

知っておきたいポイント

hoken_sensei_chiryou障害年金の裁定請求書が提出されると、申請者が障害年金を受給するための「加入要件」・「保険料納付要件」・「障害状態要件」を満たしているか否かを行政が確認します。

具体的な流れとしては、まず年金事務所(国民年金の場合は市区町村の国民年金課)が内容を確認し、年金を受給するために必要な資格があるかどうかを判断します。その後、障害の状態を認定医が判断します。

 

障害を認定するにあたっては、疾病ごとではなく障害ごとに障害認定の基準にあてはめて、その等級を決定することになっています。

なお、審査は診断書などの資料を見て客観的に判断します。

つまり、審査は診断書や申立書などの書類の内容ですべて判断するので、いかに、最初に正しい書類を作成するかが非常に大事になります。

 

当センターでは障害年金専門家がサポートしております。

 

おしえて!障害年金

Q.どんな人が障害年金をもらえるの?

hoken_sensei_chiryou障害年金を受給するには3つの条件があります。

1・・・医師や歯科医師に診察してもらっていること

2・・・保険料納付期間に3分の2以上収めていること

3・・・障害認定日に一定以上の障害状態にあるかどうか

こちらの3つの条件があります。

 

 

Q.いくら障害年金がもらえるの?

人によっmark_yen_okaikeiて貰える金額が異なります。

1・・・・納入している年金

2・・・・子供がいるか、いないか

人によって異なりますので一概に○円もらえるということは断言できません。

 

 

Q.どうやって申請するの?

soudan_madoguchiご自身で申請する場合と専門家に依頼する2種類がございます。

実際に必要な書類をご紹介いたします。

 

 

 

 

 

「障害年金の基礎知識」の関連記事はこちら

障害年金無料診断キャンペーン

障害年金無料相談

病気から障害年金の受給事例を見る

LINEで障害年金のご相談

     
平日9:00-18:00 土日祝応相談054-257-2508メールは24時間受付中