視覚障害 一覧

両視神経萎縮で障害基礎年金1級が認定されたケース

相談に来られた状況ホームページをご覧になられて、目に障害があるということで相談にのって欲しいというご依頼を受けました。申請の6年位前から視力の低下と雨天の運転の際に車のライトや街灯がことのほかまぶしく感じるようになったことがきっかけでした。 杉山社労士の見解お目にかかってお話を伺うと、症状は今も少しずつ進行している感があり、日常生活において、テレビや書籍は10センチ位まで近づかないとわか 続きを読む

両視神経萎縮と右痙直性片麻痺(先天性)で障害基礎年金1級が認定されたケース

相談に来られた状況友人の社労士の顧問先の息子さんで、障害があるということで相談にのって欲しいというご依頼を受けました。生まれつきで視神経に異常があり、幼少期から焦点が合わず、右側に顔を傾けていたり、相手の顔が良く見えないためにしかとしたと勘違いされることが多くあったようです。合わせて体のマヒがあり、右手でものを掴むことができないなどの運動制限があるということでした。 杉山社労士の見解お目 続きを読む

網膜色素変性症で2級が認定されたケース

相談に来られた状況普通よりも夜間の眼の見え方が悪いと感じていたが、平成15年頃から昼間の歩行中でも少しの段差でつまずくような感じになったため、不安を感じ、眼科医院に初診でかかりました。目の病気ということもあり、車の運転が困難なため、出張でのご相談を強くご希望されましたので三島市のご自宅までお伺い致しました。杉山社労士の見解症状の経過を、ご本人に直接お会いしてつぶさに伺った結果、通院当初よりも症状が 続きを読む

両視神経萎縮と右痙直性片麻痺(先天性)で障害基礎年金1級が認定されたケース

相談に来られた状況友人の社労士の顧問先の息子さんで、障害があるということで相談にのって欲しいというご依頼を受けました。生まれつきで視神経に異常があり、幼少期から焦点が合わず、右側に顔を傾けていたり、相手の顔が良く見えないためにしかとしたと勘違いされることが多くあったようです。合わせて体のマヒがあり、右手でものを掴むことができないなどの運動制限があるということでした。杉山社労士の見解お目にかかってお 続きを読む

交通事故により心因性視力障害ならぴにうつ病により障害年金1級が 2年遡りで認定されたケース

相談に来られた状況38歳の男性の方です。当センターのホームページをご覧になって、お問い合わせをいただきました。 杉山社労士の見解平成24年3月に交通事故に遭い、それがきっかけで視力障害になりました。その後、気分の落ち込みなどが酷くなり、医師の勧めにより精神科にかかるようになりました。お聞きすると視野が相当に悪いということでしたので視野障害での申請をまず考えましたが、精神も交通事故との因果 続きを読む

ご主人からのご相談で、奥様のくも膜下出血、高次機能障害により障害厚生年金1級が認定されたケース

相談に来られた状況当センターのホームページを探し当ててくださったご主人からのお問合せで、お話をお聞きし、お会いすることにしました。杉山社労士の見解平成25年にくも膜下出血で倒れられて以降、リハビリを続けていらっしゃいましたが、その後の経過が目立って改善せず、右片麻痺、両眼視力障害、高次脳機能障害などの症状が顕著に現れていらっしゃいましたので、申請は可能であると判断いたしました。受任してから申請まで 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

障害年金無料相談

病気から障害年金の受給事例を見る

LINEで障害年金のご相談

     
平日9:00-18:00 土日祝応相談054-257-2508メールは24時間受付中