障害基礎年金 一覧

広汎性発達障害により更新の診断書を提出したところ、不支給になってしまったものを、再度障害基礎年金2級を復活させたケース

相談にこられたときの状況当事務所のホームページをご覧になられお問い合わせをいただきました。杉山社労士の見解ご本人は不支給決定が出てしまって、どうしたらよいのかわからない状況でした。ヒアリングをつぶさにしたところ、症状としては依然として変わりないことがわかりましたので、再度診断書の作成を慎重にすれば復活は可能と判断しました。受任してから申請までにやったことヒアリング 申立書の作成ご本人からの聞き取り 続きを読む

中等度知的障害により障害基礎年金2級が認定されたケース

相談に来られたときの状況ご本人の祖母が当事務所のホームページをご覧いただき、申請が可能かのお問い合わせをいただきました。杉山社労士の見解祖母とご本人様にお目にかかって症状の経過をお聞きいたしました。幼少の頃から床に頭を打ち付けたり、人にものを投げるなどの行為があったようで、療育手帳を取得し、以後は特別支援学校を経て民間企業にて障害者雇用を行っています。最近の症状を伺う限りでも通常の生活を送る上で支 続きを読む

20歳前の双極性感情障害により、事後重症で障害基礎年金2級に認定されたケース

相談に来られた状況当センターのホームページをご覧になり、ご本人のお母様から、ご相談をお受けしました。小学校の頃から人づきあいが難しくなりはじめ、中学3年くらいから気分の波が出てくるようになりました。高校進学後、意欲低下などが顕著になり病院への通院を始めました。お母様がとても心配されて、障害年金が申請できないかとご相談に見えました。杉山社労士の見解お母様に2回にわたり、ご本人の状態についてヒアリング 続きを読む

精神遅滞を伴う自閉症で障害基礎年金2級が認定されたケース

相談にこられたときの状況以前にお手伝いさせていただいた特別支援学校のお母様つながりでご紹介くださり、お問い合わせをいただきました。杉山社労士の見解詳細をお聞きしたい旨をお話しするとお母様が事務所にお越しくださいました。生来の障害であり、症状の経過を伺っても、多くのハンディがあることが十分にわかりましたので、すぐに申請をお引き受けしました。受任してから申請までにやったことヒアリングご本人からの聞き取 続きを読む

統合失調症により、事後重症で障害基礎年金1級に認定されたケース

相談にこられたときの状況総合病院のソーシャルワーカーからのご紹介により、ご本人のお兄様から、ご相談をお受けしました。ご本人は入院中で話を十分に聞ける状態ではなかったため、お兄様からのヒアリングをかするしかないといった状況でした。生活状態も厳しい状態で、障害年金を申請したいという強いご希望でした。杉山社労士の見解お兄様と何回かお目にかかって症状の経過をお聞きいたしました。今はほとんど寝たきりの状態に 続きを読む

統合失調症により障害基礎年金2級が認定されたケース

①相談に来られた時の状況自分の体調がおかしいことは以前から自覚していたが、相談できるきっかけがなく、たまたま知り合いの方から当事務所のホームページを紹介されて、電話でお問い合わせがありました。 ②杉山社労士の見解発端をお聞きすると夫婦関係にあったようで、夫の浪費癖、浮気癖とあいまってストレスを増幅させてしまったようです。妄想も酷く発生していた様子でしたので、話の感触からしても申請は可能と 続きを読む

うつ病で障害基礎年金2級が認定されたケース

相談に来られた状況 当センターのホームページをご覧いただき、お電話でのお問い合わせをいただきました。お電話で軽く症状の流れを聞かせていただきましたが、症状が重い感触がありました。杉山社労士の見解詳細をお聞きしたい旨をお話しすると事務所に来てくださいました。症状の経過から見て症状はわりと重い様子でしたので、申請は可能であろうと判断しました。定職に就くことも難しく、定期的にメンタルクリニックに通院して 続きを読む

両視神経萎縮で障害基礎年金1級が認定されたケース

相談に来られた状況ホームページをご覧になられて、目に障害があるということで相談にのって欲しいというご依頼を受けました。申請の6年位前から視力の低下と雨天の運転の際に車のライトや街灯がことのほかまぶしく感じるようになったことがきっかけでした。 杉山社労士の見解お目にかかってお話を伺うと、症状は今も少しずつ進行している感があり、日常生活において、テレビや書籍は10センチ位まで近づかないとわか 続きを読む

両側感音性難聴で障害基礎年金2級が認定されたケース

相談に来られた状況知り合いの社労士さんからの紹介で申請をお引き受けしました。平成5年くらいから人の声が聞こえにくい、名前を呼ばれても気がつかないといった症状が現れ始め、総合病院で検査を受けたところ感音性難聴であることがわかりました。検査の結果聴力レベルが両耳とも90dbを超えている状態であることがわかりました。 杉山社労士の見解両耳とも90db以上の聴力であることから申請は可能であると判 続きを読む

両視神経萎縮と右痙直性片麻痺(先天性)で障害基礎年金1級が認定されたケース

相談に来られた状況友人の社労士の顧問先の息子さんで、障害があるということで相談にのって欲しいというご依頼を受けました。生まれつきで視神経に異常があり、幼少期から焦点が合わず、右側に顔を傾けていたり、相手の顔が良く見えないためにしかとしたと勘違いされることが多くあったようです。合わせて体のマヒがあり、右手でものを掴むことができないなどの運動制限があるということでした。 杉山社労士の見解お目 続きを読む

障害年金無料診断キャンペーン

障害年金無料相談

病気から障害年金の受給事例を見る

LINEで障害年金のご相談

     
平日9:00-18:00 土日祝応相談054-257-2508メールは24時間受付中