脊髄小脳変性症で障害厚生年金3級が決定したケース

相談に来られた状況

平成21年頃に仕事をしていて体に違和感を感じ、特にふらつきを感じることが多くなっていました。

しばらくすると、壁にぶつかったり、段差でつまづくことが多くなり病院を受診しました。

総合病院で遺伝子診断を勧められ、受診した結果脊髄小脳変性症の疑いがあることがわかりました。

その後ふらつきと手が震えるなどの症状が現れました。

仕事にも支障があるため、軽度の業務に転向してもらいましたが、業務中の転倒や自宅内での生活に大きな支障が出始め、障害年金を申請することになりました。 

受任してから申請までにやったこと

ヒアリング

ご本人に2回にわたり時間をかけてヒアリングをさせていただき、症状の経過をつぶさに確認させていただきました。

結果

申請して2カ月後、障害厚生年金3級が決定、年間585,100円を受け取ることができました。

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「脊髄小脳変性症」の記事一覧

事例の一覧に戻る

障害年金無料診断キャンペーン

障害年金無料相談

病気から障害年金の受給事例を見る

LINEで障害年金のご相談

     
平日9:00-18:00 土日祝応相談054-257-2508メールは24時間受付中